試合後サポーターに拳を突き上げて勝利を喜ぶ鳥栖DFエドゥアルド(右)=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 鳥栖キャプテンのDFエドゥアルドが試合後、拳を突き上げて観客に勝利をアピールした。

 古豪鹿島に2―1で今季初の逆転勝利を収めたサガン鳥栖。試合途中、激しさを増した攻防でエドゥアルドがヒートアップ。小競り合いから相手を倒し、カードをもらう場面もあった。

 試合後、相手鹿島の選手たちがエドゥアルドに詰め寄り、一触即発なムードに。とっさにカメラを構えると、すぐにその場を収め、サポーターに向けて大きな声を出してガッツポーズで応えた。

 リーグ最少失点を誇る守備の生命線。最終ラインで体を張り続ける重圧から解放されたかのように勝ちどきを表現した。(撮影・鶴澤弘樹)

このエントリーをはてなブックマークに追加