■「吹墨」「薄墨」技法を展開 色鍋島に新しい息吹を吹き込むとともに、佐賀県陶芸協会会長や日本工芸会の副理事長として陶芸界をリードした十三代今泉今右衛門さん(1926~2001年、享年75)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加