■「毎日の楽しみ増えた」 美容室で自分の髪を切って「寄付」すると、医療用ウイッグ(かつら)に生まれ変わり、小児がんや無毛症、不慮の事故などさまざまな理由で髪を失った18歳未満の子どもに贈られる。こうした「ヘアドネーション(髪の寄付)」と呼ばれる活動が広がっている。