日本のフェミニストで、夫婦別姓の先駆者だった平塚らいてう(1886~1971年)の生き方が改めて脚光を浴びている。24日で死去から半世紀。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加