佐賀県内は23日、高気圧に覆われ、日中の最高気温が佐賀市で31・3度を観測したほか、嬉野市で30・9度、杵島郡白石町で30・7度となるなど3観測地点で真夏日を記録した。この3地点と、28・8度となった唐津市の計4地点で今年一番の暑さとなり、三養基郡みやき町では中学生1人が熱中症の疑いで病院に搬送された。

 鳥栖・三養基地区消防本部によると、搬送されたのは女子中学生で、屋外で遊んでいた。意識はあるという。同本部は「この時期はまだ体が暑さに慣れておらず注意が必要」とし、こまめな水分・塩分の補給を呼び掛けている。

 佐賀地方気象台によると、24日は低気圧や前線の影響で曇りや雨となり、日中の気温は23度前後となる見込み。(志垣直哉)

このエントリーをはてなブックマークに追加