壁画制作を中心に世界を舞台に活動するアーティスト、ミヤザキケンスケさん(42)=佐賀市出身、千葉県在住=が、来年の高校英語の教科書に登場する。三省堂発行の高校1年生用「CROWN」で、「Hatching the Egg of Hope(希望の卵をかえす)」のタイトルで、アフリカ・ケニアやウクライナなど各地の壁画に“希望”を描いてきた活動が、18ページにわたって詳しく紹介されている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加