図書カードを手渡した小城ロータリークラブの古賀正人会長(手前右)と小学校長ら=小城市役所

 小城ロータリークラブ(古賀正人会長、28人)は19日、小城市内のひとり親家庭の小学1年生33人に、1人2千円分の図書カードを贈った。

 対象は活動区域の小城町と三日月町の五つの小学校に通う児童で、古賀会長が同日開かれた校長会で各校の校長に手渡した。

 小城ロータリークラブは経済的に余裕がない家庭の子どもを支援しようと1969年に黄色い傘を贈る活動を始め、図書カードは94年から贈っている。

 大野敬一郎教育長は「新型コロナウイルスの影響が長期化し、家庭環境の厳しさは増している。長年の取り組みに感謝する」と述べた。(谷口大輔)

このエントリーをはてなブックマークに追加