佐賀商は主将の古賀大士郎(右)や田中龍雅を中心に優勝を目指す=佐賀市の同校

 【男子】団体は12校が出場。佐賀商、佐賀北、佐賀工、龍谷の4校による混戦が予想される。

 佐賀商は県新人大会を接戦の末に制した。全国選抜個人73キロ級で準優勝した田中龍雅や、同60キロ級ベスト8の古賀大士郎、同66キロ級で8強入りした古賀雅都が中心となる。投げ技を得意とする3選手が、大型選手にも引けを取らない力強さでチームを勢いづける。

 新人大会準優勝の佐賀北は、粘り強い坂口琢馬と、個人81キロ級で全国選抜に出場した川頭渉を中心に臨む。重量級に実力者がそろう佐賀工は昨夏のSSP杯に続く優勝を狙い、新人大会ベスト4入りした龍谷も頂点をうかがう。

 7階級で争う個人も4校の選手による接戦となりそうだ。

 

 【女子】3人制で争う団体に8校が出場する。3連覇を狙う佐賀商を小城などが追い掛ける。

 佐賀商は3年の橋口茉央と鹿歩夏が軸。全国選抜個人無差別級で日本一に輝いた橋口は、恵まれた体格とメンタルの強さを前面に攻めの柔道を見せる。鹿は同大会個人63キロ級で準優勝。多彩な攻めを繰り出し、主将としてチームをけん引する。同57キロ級でベスト8入りした永松莉菜ら2年にも力がある。

 小城は全国選抜に出場した江口美羽や、光武千佳を中心に覇権を狙う。

 7階級で争う個人も佐賀商勢を中心とした優勝争いとなりそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加