【男子】5人制で争う団体は多久と唐津青翔の2チームが出場。唐津青翔はメンバーが3人のため、数的には多久が優位に立つ。

 個人無差別級は9人で競い、全国大会など経験豊富でパワーのある東島翔(多久)が軸。伊藤晃成(同)や満上颯悟(同)、山﨑翔太(同)も全国の舞台を経験して力を付けている。唐津青翔の宮﨑大和、中川春樹、坂井優作の3人も上位進出をうかがう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加