川副クラブ-ホンダロックSC(宮崎) 後半、激しく競り合う川副クラブDF堀西謙太(左)=宮崎県のユニリーバスタジアム新富(宮崎日日新聞社提供)

 サッカーの第101回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は22日、宮崎県のユニリーバスタジアム新富などで1回戦11試合が行われた。1998年以来、23年ぶりに出場した佐賀県代表の川副クラブは、日本フットボールリーグ(JFL)のホンダロック(宮崎)に0-5で完敗した。

 川副クラブは前半3分に先制点を奪われると、35分、44分と立て続けに失点。地力に勝る相手の攻撃に苦しみ、後半も2点を失った。前半、シュート1本だけに終わった攻撃陣は、後半に4本を放って意地を見せた。

 石江英和監督は「個人の技量や運動量だけでなく、マークの受け渡しやパス一本のこだわりなど細かい部分でも実力差を感じた」と総括。「点差が開いても90分間、持てる力を出し切ったことは収穫。日頃から支えてもらう地域の人たちに感謝し、またこの舞台に戻ってきたい」と話した。

 大会は90チームが参加し、J1勢は2回戦から登場。サガン鳥栖は6月9日午後7時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで熊本県代表のロアッソ熊本(J3)と対戦する。準々決勝以降の日程は未定。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加