【男子】団体は佐賀工が、3年の石井大裕、港昂史朗などを中心に層が厚く、嬉野、佐賀北が追う展開か。個人はハイスクールジャパン杯県予選を制した佐賀工の石井・高崎幸樹組や同2位で唐津工の諸岡雄心・橋本政都組が有力。佐賀北の三瀬魁・北島和樹組も力がある。

 【女子】各大会で上位を独占する佐賀清和が頭一つ抜けた存在。団体で嬉野がいかに実力を発揮できるか。個人も佐賀清和勢の争いとなりそう。長年ペアを組んでいる木下真晶と辻田萌乃佳組、攻撃力に優れる上野寧々・島内美智子組など、実力伯仲の上位争いが予想される。

このエントリーをはてなブックマークに追加