親ごころというのは複雑なものである。 〈俺に似よ俺に似るなと子を思ひ〉 こう詠んだ麻生路郎(じろう)は大正から昭和にかけて活躍した川柳の大家。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加