新型コロナウイルスの猛威が止まらない。変異株を中心にした流行の「第4波」が続く中、佐賀県内の専用病床の使用率は16日に過去最高の51・8%となり、その後も40%台で高止まりしている。医師や看護師はいま、どんな思いで患者と向き合っているのか。佐賀市嘉瀬町の県医療センター好生館の許可を得て命を守る最前線を見つめた。(円田浩二)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加