上峰町のPR動画「ふるさとのにおい」の1場面

 上峰町のPR動画「ふるさとのにおい」が、「国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」の観光映像大賞ファイナリストにノミネートされた。6月16日に大賞発表が予定されており、同町は「町のPRにつながれば」と期待している。

 「ふるさとのにおい」は同町が地域ブランディング事業の一環で制作した約8分のショートムービー。昨年9月から町内などで撮影し、11月に公開した。女優の武田梨奈さんが主演し、町役場職員らも出演している。

 動画は、武田さんが東京で夢破れて、故郷の上峰町に帰ってきたところから始まる。実家の酒蔵での父親との葛藤や、さまざまな人たちとの交流を通じて、町の魅力を再発見し、自分なりの生き方を模索していくストーリーとなっている。

 観光映像大賞は、自治体などが作成したPR動画を対象に選ばれ、ファイナリストには5作品がノミネートされた。「ふるさとのにおい」は同賞のほか「ブランディッド・ショーツ2021」にもノミネートされている。

 同町の武広勇平町長は「ノミネートは驚いたが、上峰町が持つ温かい雰囲気が評価されたと思う。大賞を取れるよう期待したい」と話している。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加