地域農業の大きな課題である後継者不足を解消しようと佐賀県内4カ所で始まった「トレーニングファーム」の第一期の卒業生が就農し、1年目の結果がまとまった。嬉野市塩田町の西寛隆さん(40)はキュウリの反収(10アール当たりの収穫量)41トンと平均的な農家の収量の2倍を達成するなど、習得した最新の環境制御技術を武器に成果を上げている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加