佐賀県が作成した「さが棚田だより つなぐ」

 棚田の魅力を多くの人に伝えるため、佐賀県は情報誌「さが棚田だより つなぐ」の2021年版を作成した。県が推進する棚田ボランティアの活動などについて、カラー写真をふんだんに使って紹介している。

 A4判、14ページ。県内にある20以上の棚田を並べたマップ、棚田ボランティア協定の締結状況やボランティア企業の紹介など、現在の県内の棚田の保全状況を分かりやすくまとめている。このほか、棚田で行われたイベントの紹介、施行された棚田地域振興法など最新のトピックスも盛り込み、棚田に関わる人の思いなども伝えている。

 情報誌は2017から発行。現在は年に一回出している。今回は2千部製作し、ボランティア企業や棚田地域、県の出先機関や自治体などに配った。県のホームページ上でも公開している。

このエントリーをはてなブックマークに追加