第59回佐賀県高校総合体育大会は28日から7日間、県内各地で開かれる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨年は大会が中止となり、2年ぶりの開催となる今大会は30競技32種目に約6400人が出場。福井県など北信越5県と和歌山県を舞台に開かれる全国総体を目指し、熱戦を展開する。大会を前に各競技を展望し、有力選手やチームを5回にわたって紹介する。(古川公弥、西浦福紗、草野杏実、井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加