コンサート「ベートーヴェンの手紙」のチラシ

 ドイツの作曲家べートーベンの生きざまに名曲演奏と手紙の解説で迫るコンサート「ベートーヴェンの手紙」が6月16日午後7時から、有田町黒川の焱の博記念堂で開かれる。

 2019年に姉妹都市のドイツ・マイセン市を訪れた有田町の住民らでつくる「有田とドイツと音楽と」実行委員会と同記念堂の主催。3月のピアノ公演に続く第2弾として開く。

 演奏はバイオリンの佐藤俊介、ピアノの川口成彦、チェロの横坂源、オーボエの古部賢一、バンドネオンの三浦一馬。エグモント序曲、エリーゼのために、交響曲第5番「運命」第3、4楽章などを演奏し、落語家で真打ちの柳家三三がベートーベンの手紙を落語を交えて解説する。

 チケットは全席自由で一般4500円、高校生以下2千円(当日は各500円高)。同記念堂や町内と近隣の文化系施設、インターネットで購入できる。問い合わせは同記念堂、電話0955(46)5010。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加