俳優の田村正和さんが亡くなった。77歳。「警部補・古畑任三郎」「眠狂四郎」など数々のテレビドラマで、クールな二枚目からコミカルな役まで幅広く演じて人気を集めた◆著名な人が亡くなると、コラムで取り上げることがあるが、こんな風に前振りもなく、最初に死亡を伝える書き方はあまりしない。ミステリーや刑事ドラマでは「倒叙(とうじょ)形式」といわれる。徐々に犯人が分かっていくのではなく、初めに誰が犯人かを伝える◆田村さんの古畑任三郎もこの倒叙形式で展開した。古畑はニヒルな切れ者だが、憎めない役柄。犯人は分かっているのに最後まで視聴者を引きつけたのは、田村さんならではの語り口やしぐさがあってこその謎解き。特に、終盤の長ぜりふは楽しみだった◆田村さんは喜劇よりも、シリアスなドラマやラブストーリーが好きだと語っている。でも、好みの役ばかりではいけないと、コミカルな役も引き受けた。この挑戦が二枚目俳優の殻を破って新たな境地を開いた◆数年前から「十分にやり切った。自然にフェードアウトしたい」と話していたという。亡くなったのは4月3日。1カ月半もたっての訃報に、やはり最後はクールな二枚目だったと感じる。ファンの胸には、それぞれの「田村正和」がいる。これ以上、小欄が魅力を語る長ぜりふは不要だろう。合掌。(知)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加