県内の新型コロナ感染者状況(5月19日現在)

新型コロナの県内感染者数(5月19日現在)

 佐賀県は19日、10歳未満~80代の男女42人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。佐賀市の認定こども園「愛の泉こどもの園」で、これまでに調理員6人の感染が判明し、クラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。県内での感染確認は延べ2321人になった。

 県によると、17日にこども園の調理員の感染が分かり、接触があった職員を検査したところ、新たに5人の感染が判明した。調理員の家族2人も陽性で、関連の感染者は計8人。

 クラスターが発生している鳥栖市の「グループホームめぐみ」では、新たに職員1人の感染が分かり計8人になった。

 県は新型コロナの変異株の疑いがあるとした4月19~26日の検体87件のうち、73件が英国株と判明したと発表した。国立感染症研究所でのゲノム解析の結果で、残りの14件は特定できなかった。(岩本大志)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加