木づちで布に草花を染めながらエコバッグを作る参加者=佐賀市富士町の北山少年自然の家

 イベント「北山で四季を楽しもう」が16日、佐賀市富士町の北山少年自然の家で開かれた。親子が参加し、動物の足跡のフィールドサインを探すゲームをしたり、採取した草花をエコバッグに染めたりして自然を満喫した。

 イベントは昨年から始まり、年に4回集まって自然体験ゲームや四季折々の草花を使った工作を楽しんでいる。今回、参加者は集めてきた紫色のシバザクラや紅葉を木づちでたたき、エコバッグに染めた。小学6年の岡野晴輝くんはきれいな葉の模様に仕上げ、「初めて挑戦した。茎を写すのが難しかった」と語った。

 イベントを担当する大串南央さん(24)は「参加した人の自然の見方が変われば、という思いで開催している。何気ない風景や草花も楽しんでもらえたら」と話した。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加