「海辺の彼女たち」(C)2020 E.x.N K.K. / ever rolling films

 ベトナム人技能実習生を描く映画「海辺の彼女たち」(藤元明緒監督、88分)のトークイベントが22日午後3時半から、佐賀市松原のシアター・シエマとオンラインで開かれる。藤元監督と渡邉一孝プロデューサーがオンラインで参加し、技能実習生の実態を考える。参加無料。

 同作は過酷な労働環境から逃げ出した3人のベトナム人技能実習生の物語。藤元監督は前作「僕の帰る場所」で第30回東京国際映画祭アジアの未来部門2冠などに輝き、本作で第68回サンセバスチャン国際映画祭新人監督部門に選ばれた。

 イベントでは藤元監督と渡邉プロデューサーが全国で行った技能実習生の取材、撮影を振り返る。佐賀県国際交流員のファンさん(ベトナム出身)と主催する地球市民の会(佐賀市)の山路健造さんはシエマから参加する。

 参加はオンラインも含めて申し込み制で、シエマでの参加は定員15人。映画の鑑賞は別途鑑賞料が必要となる。申し込みは専用サイトを通じて受け付けている。問い合わせは地球市民の会、電話0952(24)3334。同作は21~27日、午後1時45分からシエマで上演する予定。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加