県内の新型コロナ感染者状況(5月18日現在)

新型コロナの県内感染者数(5月18日現在)

 佐賀県は18日、10歳未満~80代の男女26人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。鳥栖市の麓刑務所で新たに女性受刑者2人の感染が判明したことで計5人となり、県はクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。県内での感染確認は延べ2279人になった。

 県や麓刑務所によると、受刑者2人はそれぞれ20代と30代。14日に感染が分かった別の女性受刑者3人と一定の接触があり、関連でウイルス検査を受けた際は陰性だった。2人が17日午後に体調不良を訴えたため再び検査し、陽性と判明した。いずれも刑務所内で治療を受けている。

 18日午後6時現在の専用病床の使用率は前日より1・9ポイント低い48・5%で、3日ぶりに50%を下回った。軽症・無症状者が療養するホテルの使用率は4・3ポイント減の46・0%となっている。(円田浩二)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加