協定書に署名した脊振郵便局の廣瀧直義局長(右)と松本茂幸神埼市長=神埼市役所

協定書に署名する脊振郵便局の廣瀧直義局長(右)と松本茂幸神埼市長=神埼市役所

 神埼市は17日、日本郵便と包括的連携協定を結んだ。安心・安全な暮らしや地域経済の活性化、子どもの育成など5分野でさまざまな取り組みを進める。

 市役所で開かれた締結式で、松本茂幸市長と脊振郵便局の廣瀧直義局長が協定書に署名した。法本澄夫・鳥栖麓郵便局長は「豊かで住みやすいまちづくりの一助になれば。行政と郵便局が一体となり全力で取り組みたい」とあいさつ。松本市長は「さらなる安全安心なまちづくりができることに感謝する」と述べた。

 日本郵便は2017年から全国の自治体と同様の協定を結んでいて、佐賀県内では県や上峰など3町と締結している。協定に基づき、集配時の高齢者の見守り活動や道路の損傷を見つけた場合の情報提供などを行っている。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加