佐賀大学医学部の髙野吾朗准教授(53)=佐賀市=が、2冊目の日本語詩集『百年経ったら逢いましょう』(花乱社)を発刊した。死や暴力の影が横たわる36編で、論理的に非論理的な世界へ読者を誘う。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加