基山町出身の俳優・西山水木さん(63)=東京都=が6月3日午後7時と同4日午後1時から、佐賀市文化会館で上演の舞台「ドレッサー」(加藤健一事務所、演出・鵜山仁)に出演する。演劇鑑賞団体「佐賀市民劇場」主催の例会で、約4年ぶりに故郷佐賀のステージに立つ。

 物語の舞台は第二次世界対戦下のイギリス。西山さんはシェークスピア劇団の名優と評された座長(加藤健一さん)の妻を演じる。座長の相手役を長く務めてきた妻は夫婦での引退を望み、座長に仕えるドレッサー(付き人)のノーマン(劇団花組芝居代表・加納幸和さん)や舞台監督(劇団昴・一柳みるさん)と対立を深めていく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加