東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日、佐賀県で9、10日に行われた聖火リレーの運営に関わった40代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。聖火リレー関連で感染が明らかになったのは11人目。

 感染した男性は10日に聖火到着を祝う式典会場で運営スタッフの管理などを担当していた。佐賀県の聖火リレー関連では3人目の感染者。県によると、現時点では県内で濃厚接触者は確認されていないという。(共同)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加