陸上自衛隊は16日、長崎県佐世保市の相浦駐屯地で西部方面普通科連隊が実施している水陸両用訓練を報道陣に公開した。離島奪還を専門に新設される「水陸機動団」の中核になる連隊で、兵員を輸送するオスプレイの佐賀空港配備計画とは別に、戦闘員の養成が進んでいる現状が示された。