西武戦に先発し、プロ初登板を果たしたロッテの佐々木朗希投手=16日、ZOZOマリンスタジアム

 西武が4―6の八回、スパンジェンバーグの2点適時打で追い付いた。ロッテは佐々木朗が味方の拙守もあり5回4失点。五回にマーティンの2打数連発となる2ランで勝ち越したが、八回に唐川が崩れて逃げ切れなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加