東京パラリンピックの開催まで100日となり除幕されたシンボルマーク「スリーアギトス」のモニュメント。右は大会マスコットの「ソメイティ」=16日午後、都庁(代表撮影)

 東京パラリンピックの開催まで100日となった16日、東京都庁でセレモニーが開かれた。小池百合子知事は新型コロナウイルス対応を念頭に、「多くの人の希望の明かりとなるよう、安全安心な大会に向けて関係者と力を合わせ準備を進めたい」とあいさつした。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長も出席し「コロナ禍の今だからこそアスリートが大会で生む感動に世界中の人々が心を揺さぶられ、希望と勇気を得ることと確信をしている」と述べた。

 この日、都庁1階には、パラのシンボルマーク「スリーアギトス」のモニュメントが設置された。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加