鳥栖-大分 前半11分、先制ゴールを決める鳥栖FW山下敬大=大分市の昭和電工ドーム大分

 鳥栖のFW山下が今季7ゴール目となる一発で先制点を奪った。前半11分。DFエドゥアルドからの縦パスに反応したFW林のこぼれ球を拾うと、GKとの攻防を冷静に制した

 大分に駆け付けたファンのためにも負けられない「九州ダービー」。チームの得点王が意地を見せた。山下は「意図したゴールではなかったが、うまく反応した」。

 これでリーグ得点ランキング単独6位。チームも3位に返り咲いた。ドローに終わり、表情はさえなかったが「もっとゴール前でのクオリティーを高めていきたい」と語り、次節鹿島戦でもどん欲にゴールへ向かうことを誓った。(宮﨑和彦)

このエントリーをはてなブックマークに追加