鳥栖-福岡 前半、敵陣に攻め込む鳥栖のFW石井快征(左)=福岡市のベスト電器スタジアム

鳥栖-福岡 前半、懸命に相手の攻撃を防ぐ鳥栖の守備陣=福岡市のベスト電器スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖は、YBCルヴァンカップ1次リーグA組最終節の19日、福岡市のベスト電器スタジアムで同組3位のアビスパ福岡と対戦し、1―4で敗れた。通算成績は1分け5敗(勝ち点1)となり、グループステージを最下位で終えた。既に同組突破を決めた鹿島が札幌と0―0で引き分け、1位を決めた。

 このほか浦和と湘南、神戸と清水が1次リーグを勝ち抜き、準々決勝への出場を懸けたプレーオフに進んだ。混戦だったC組は浦和が2―0で横浜FCに勝って1位通過し、湘南は1―1で柏と引き分けた。

 B組は神戸が徳島を3―0で下して2位となり、2連覇を狙う1位のFC東京は大分と引き分けた。D組は清水が首位の横浜Mに1―5で大敗したものの2位で通過。仙台は広島に完勝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加