佐賀県鳥栖市の麓刑務所は15日、40代の女性受刑者3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県が同日公表した29人に含まれており、3人は現在、所内で治療を受けているという。

 同刑務所によると14日午前、受刑者の1人が体調不良を訴え、所内でウイルス検査をして陽性と判明。同日、接触者2人を検査したところ陽性だった。

 感染した受刑者は外部と接触はなく、他の職員や被収容者に感染者がいないことから、感染経路は現時点で不明という。同刑務所は「保健所の指導を受けながら必要な検査や措置を行い、感染拡大防止に努めたい」としている。(樋渡光憲)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加