子どもたちは学校を大切な場に思っています。学校嫌いというのは勉強や人間関係、毎日通うのが大変とか個別の困りごとに対するものです。学校に行かなくて良いとは思っていないでしょうし、行かなくては叱られる、家族を悲しませるとも思っているはずです。

 そのため、子どもが保護者に「学校に行きたくない」と打ち明けた時にはすでに十分本人が悩んだ後であることがほとんどです。保護者としては学校には行ってほしい、行くべきという思いが先行し「そんなこと言わずに」とか「みんな行ってる」とあしらってしまいがちです。しかし、やっとの思いで小出しに伝えてきたSOSと受け止めて、問い詰めるのではない形で背景を聴いてあげましょう。

 サボりを疑いたくもなりますが、長くサボるのは難しいので単なるサボりならばそのうち学校には行けます。危ないのは、親にも先生にも打ち明けにくい理由があって学校がつらい場合です。一日のほとんどを学校で過ごすしかなく、子どもにとって学校が居場所でなくなるというのは本当に絶望的な状況です。ここでさらに保護者が話を聴いてくれない、理解を示さない場合、命を落とすくらい追い詰められることも想像に難くありません。

 絶対に守られる安全基地であるはずの家が居場所でなくなることの方が、学校を失うよりもはるかに問題です。少なくとも学校に行きたくないと言える時点では家は居場所になっているのです。もし訴えがサボりや甘えであったとしても、それを受け容(い)れ、心身を再充電することを見守る方が「家に居たくない」を招くよりもはるかに良策です。

 休み明けや登校時に具合が悪くなる場合、本人に自覚がなくとも学校のストレスが身体症状として現れたもので、行きたくても行けないという状態です。これまで我慢を続けていた結果なので原因もいじめなど簡単には解消できないものかもしれません。環境については子どもと相談して学校に対応を求め、身体については心療内科を受診するなどの対応をすべきですが、まずは原因よりも休養が優先です。不登校はサボりとは違います。ただ、大人には違いが見えにくく、子どもはサボり疑惑の晴らしようがありませんし、原因を明かしたくなかったりします。子どもから「休む選択肢」を奪わないことが大事だと思います。(浄土真宗本願寺派僧侶・日本思春期学会理事 古川潤哉)

このエントリーをはてなブックマークに追加