第43回県漁協女性部大会が16日、武雄市文化会館で開かれた。水揚げ不振や高齢化、後継者不足など厳しい情勢の中でも、漁村の活性化を目指して活動していくことを確認した。 大会には、約900人が参加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加