レッドソックス戦の6回、11号ソロを放つエンゼルス・大谷=ボストン(AP=共同)

 レッドソックス戦の6回、11号ソロを放つエンゼルス・大谷=ボストン(共同)

 【ボストン共同】米大リーグは14日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がボストンでのレッドソックス戦に「2番・指名打者」でフル出場し、7試合ぶりの11号ソロを放って4打数2安打1打点、2三振だった。複数安打は今季11度目。チームは3―4で負け、3連敗を喫した。

 レッズの秋山はロッキーズ戦に「7番・左翼」でフル出場し、4打数2安打、1得点1三振で今季初の複数安打をマークした。チームは6―9で敗れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加