佐賀県の感染状況について「非常に厳しい」と答える西村康稔経済再生担当相=参議院

 西村康稔経済再生担当相は14日の参院運営委員会で、佐賀県内の新型コロナウイルス感染状況について「非常に厳しい」との認識を示した。「まん延防止措置」の対象地域にしなかった点については、福岡県との往来を減らすことを重要と捉え、佐賀県知事から措置の要請がなかったことを理由に挙げた。

 自民党の山下雄平議員が「措置の発令地域より、人口当たりの感染者数が多い佐賀や大分が対象にならなかったのはなぜか」と質問した。

 西村氏は「特定施設の時短や休業要請よりは、福岡県との行き来をできるだけ減らす。福岡で(感染が)広がったことが影響を受けていると理解している」とした。「知事からまん延防止措置などの要請を受けているわけでもない」とした上で「いずれにしても(各県と)連携して対応したい」と話した。(山口貴由)

このエントリーをはてなブックマークに追加