中日に勝利し、タッチを交わすヤクルトナイン=バンテリンドーム

 ヤクルトはサンタナが二回と四回に適時打を放ち、主導権を握った。金久保が三回に打球を受けて降板した後、6人の救援陣が踏ん張った。2番手今野が2勝目。10安打の中日は13残塁の拙攻が響き、1点のみ。借金は6に増えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加