乳幼児の蘇生法を学ぶ教室が13日、吉野ケ里町の三田川児童館で開かれた。1~3歳の子供がいる家族12組約30人が心臓マッサージや人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)の使い方について理解を深めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加