ニセ電話詐欺を未然に防ぎ、感謝状が贈られた山田知恵子さん=唐津警察署

 唐津署は12日、ニセ電話詐欺を未然に防いだとして、唐津市二タ子のパート従業員の山田知恵子さん(43)に感謝状を贈った。

 山田さんは4月6日午後1時半ごろ、勤務するセブン―イレブン唐津中央店で、1万円分の電子ギフト券を購入した小城市内の50代女性に声を掛けたところ、女性が「メールがたくさん来る。お金を払わないとやりとりができない」と話したことから不審に思い、同署に通報した。女性には高額当選をうたうメールが届いていたという。

 同署で行われた贈呈式で、平野欽也署長から感謝状を受け取った山田さんは「身近でこういうことがあるんだと驚いた。これからも困っている人がいたら積極的に声を掛けたい」と話した。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加