東京五輪の聖火リレーは14日、山口県での2日目を迎え、宇部市を出発した。バレーボール女子の元日本代表で宇部市出身の宝来麻紀子さん(42)が同市の最終ランナーを務め、常盤湖畔の「ときわ公園」を巡った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加