第63回九州花火大会が19日、唐津市の西の浜一帯で開かれた。直径500メートルに及ぶ大輪の二尺玉など県内最大規模となる6千発の花火が夜空を鮮やかに染めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加