多久市北多久町小侍の中央公園内の池で、伊万里市の保育園児2人が溺死した事故を受け、佐賀県は12日、県内20市町や県立公園の指定管理者などに、都市公園での水難事故を防ぐための安全対策を徹底するよう通知した。

 通知では、施設の日常点検のほか、不具合がある箇所の修繕を求めており、県まちづくり課は「池の柵が老朽化したり、周囲が崩れたりしていないか確認を徹底してほしい」と話す。

 多久市の事故については発生状況や原因の調査が進められている。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加