東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は13日、来日する両大会の関係者の規模について、選手を除いて延期前の計約18万人から半減の9万人以下になるとの見通しを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加