決勝・鹿島東部-鹿島西部 鹿島西部打線を無安打に抑えた鹿島東部主戦の岩永心暖さん=伊万里市の伊万里湾大橋球技場

 第49回佐賀県(さがけん)中学生女子ソフトボール選手権(せんしゅけん)大会(佐賀新聞(さがしんぶん)社・県ソフトボール協会主催(しゅさい))は5日、伊万里市(いまりし)の伊万里湾(いまりわん)大橋球技(きゅうぎ)場で決勝と県中学総体(そうたい)のシード権(けん)を決める3位決定戦があり、鹿島(かしま)東部が鹿島西部に10―0で四回コールド勝ちし、初の栄冠(えいかん)に輝(かがや)きました。
 3位には神埼(かんざき)が入りました。
 鹿島東部は初回に打線をつないで4点を奪(うば)い、その後も得点を重ねて鹿島西部を寄(よ)せ付(つ)けませんでした。3位決定戦は、神埼が終盤(しゅうばん)に大量得点を奪い、16―6で武雄(たけお)に逆転勝(ぎゃくてんが)ちしました。
 閉会(へいかい)式では、佐賀新聞社の名古屋竜磨事業部長と県ソフトボール協会の橋本信副会長が選手の健闘(けんとう)をたたえ、上位4チームにメダルや賞状(しょうじょう)を贈(おく)りました。(7日付12面・西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加