新庁舎の運用が始まった浜玉市民センター=唐津市浜玉町

浜玉市民センター新庁舎の1階の窓口=唐津市浜玉町

浜玉市民センターの2階に設けられた図書室=唐津市浜玉町

テープカットをする峰達郎市長(中央)ら=唐津市浜玉町の浜玉市民センター

 唐津市浜玉町の浜玉市民センターの新庁舎が運用を始めた。公民館や体育館の機能も併設した複合施設で、地域住民の交流拠点となっている。

 新センターは鉄筋コンクリート(一部鉄骨)の2階建てで、延べ床面積3238平方メートル。旧センターや浜玉公民館、社会体育館の各施設が老朽化していたため、新センターの建設に合わせて集約させた。1階は市民センターの機能を備え、2階は歴史資料室や図書室などを設ける。

 開所式がこのほど行われ、市や地元の関係者らが出席してテープカットを行った。峰達郎市長は「地域の核となる使い勝手の良い施設になることを期待する」とあいさつ。内山茂昭センター長は「バラバラだった施設が1カ所にまとまり、利便性が向上した。住民にぜひ活用してほしい」と話した。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加