東京・浅草の雷門前を走る人力車

 財務省が13日発表した2020年度の国際収支速報によると、訪日旅行客の消費から日本人が海外で使ったお金を引いた旅行収支の黒字額は2645億円で、前年度比89・2%減だった。新型コロナウイルス感染拡大で人の流れが止まり、訪日客が減少したことが響いた。

 海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は、3・8%減の18兆2038億円となり、3年連続で黒字幅は縮小した。

 3月単月の経常収支は前年同月比37・3%増の2兆6501億円だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加