2011年に父親を殺害したとして京都府警が医師ら3人を逮捕した事件で、父親の死亡診断書に無関係の医師の名前が記載されるなど偽造された可能性があることが13日、捜査関係者への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加