収支状況が厳しいローカル線の維持の在り方を巡り、JR九州の青柳俊彦社長は12日、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化する中、「(路線を)維持していくのは、お客さまの数が元に戻るかに直結しているので、少し議論を早めないといけない」との認識を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加