【きょうの催し】

 ◆銀のアートジュエリー展-TWINKLEきらめき-(30日まで、唐津市町田のムローメ アートショールーム)

 

【巡回車】(14日)

 ◆胃がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、基山町保健センター(予約制)▽8時半=佐賀市・川副保健センター、有田町福祉保健センター(予約制)

 ◆子宮がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽10時半=有田町福祉保健センター(予約制)

 ◆乳がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽8時半=佐賀市・川副保健センター▽13時10分=有田町福祉保健センター(予約制)

 ◆大腸がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、基山町保健センター(予約制)▽8時半=佐賀市・川副保健センター、吉野ヶ里町三田川健康福祉センターふれあい館、有田町福祉保健センター(予約制)▽13時10分=有田町福祉保健センター(予約制)

 ◆肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、基山町保健センター(予約制)▽8時半=佐賀市・川副保健センター、吉野ヶ里町三田川健康福祉センターふれあい館、有田町福祉保健センター(予約制)

 ◆献血車 9時半~12時半=みやき町コミュニティーセンターこすもす館▽14時半~16時半=みやき町三根庁舎

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 

【告知板】

 ◆自死遺族支援わかち合い「ハートの海」

 (22日13~15時半、佐賀市天神の市立図書館)大切な人を自死で亡くした人たちが、安心して語り合い、悲しみを分かち合いながら支え合う場。佐賀いのちの電話が、毎週第4土曜日に開催。参加無料。事務局、電話0952(34)4186=平日10~17時。

 ◆韓国語講座「初めての韓国語」

 (6月5日~8月7日までの毎週土曜日13時半~15時、唐津市鎮西町の県立名護屋城博物館)国際交流員による韓国語講座。今回は入門コースで、ハングルの読み書きや発音の練習を中心に行う。全10回の講座で受講料は無料(初回に資料代として300円が必要)。定員は40人で、受講希望者は20日までに事前申し込みが必要。同博物館、電話0955(82)4906=8時半~17時。

 ◆「働くってなんだろう」エッセイ募集

 社団法人日本勤労青少年団体協議会は広く全国から「働く」ことについてのエッセイを募集する。(1)35歳以下の若者の部(2)36歳以上の一般の部の2部門。テーマは、若者の部が「仕事へのチャレンジ、気づき、提言」、一般の部が「働く若者に贈る先輩からのエール」。字数は800字~1600字以内。ペンネームでの応募も可。厚生労働大臣賞(賞金10万円)など各賞あり。10月17日に開催されるオンライン交流会「若者を考えるつどい2021」に上位入賞者を招待する。申し込み・問い合わせは同協議会HPまたは電話0422(29)8071。

 

【近県】

 ◆一の瀬焼「春の新作発表展」

 (30日まで、福岡県うきは市)6窯元合わせて約9000点を展示販売し、訳あり品などの割引販売なども行う。6窯元は武雄市の黒牟田焼、福岡県の小石原焼、大分県の小鹿田(おんた)焼の流れをくみ、異なる作風を持つ。半径200メートルほどに立地し、散策しながら窯元巡りができる。

 来場者の密集を防ぐため、例年より期間を延長して行う。各店舗でマスク着用や検温、消毒液の利用を呼び掛け、感染防止を図る。丸田窯、電話0943(77)2749。

 

【アバンセ情報】

 ◆女性総合相談

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、生活への不安やストレスによるドメスティックバイオレンス(DV)の増加や深刻化が懸念されている。夫や交際相手などからの暴力(DV・デートDV)、職場や地域での人間関係の悩み、子どもに関することなど、女性が抱えがちなあらゆる悩みについて女性の相談員が相談に応じる。

 毎週火~土曜の9~21時と日・祝日の9~16時半。月曜と年末年始は休み。面談は原則要予約。また女性の弁護士による法律相談や、女性の臨床心理士または公認心理師による「こころの相談」も行っている。相談無料でいずれも要予約。相談専用ダイヤルは電話0952(26)0018。

 

【感染症】(3~9日)

 報告数の多い疾病は(1)RSウイルス感染症=52件(2)感染性胃腸炎=18件(3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、突発性発しん=各11件(4)咽頭結膜熱=7件

 (数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

このエントリーをはてなブックマークに追加